システムエンジニアの人手不足と転職

日本のシステムエンジニアを含むIT関係の就職者数は、約58万人を超えたのですが、一方のインドや中国は日本を上回る約130万人や約90万人など日本の約2倍から4倍になります。システム開発、構築に関する仕事は、年間を通して増える一方なのに対して、就職者数が減少するという事態になっています。「新人でも構わない」そう考える企業側も多い中で、就職者の早期退職も問題になっています。

例えば、システムエンジニアの仕事内容とは、クライアントが要求する問題をシステムやプログラムを駆使して、いかに要求に答えられるかに絞られます。技術者が少ない事で、1人当たりが負担する仕事量が増え、仕事が追い付かない事も多いのが現実です。

また、仕事に追われる中でシステムによるミスが発覚した場合には、システムの対処やクライアントの対応も加わります。システムエンジニアが抱える精神的、肉体的ストレスが多く、結果的に早期退職や技術がある程度身についた段階で退職を選択する方が増えています。

仕事内容としてはやり甲斐がある素晴らしいものですが、物事に動じない強い精神面が要求されます。ですが、年間を通して不足問題があるので転職もしやすく、就職活動も行いやすいので、常に最新の技術や新しい思考力を頭に蓄えておく事が大切です。
転職の場合には、求める技術や対応力は企業によって異なります。自分が持っている技術に対してどの様に企業側に貢献できるのかを整理しておき、その企業のニーズに沿ったスキルを身につける姿勢もシステムエンジニアの転職には欠かせません。